徳島で半世紀以上の歴史を持つ木工所の3代目、森寛之さんにインタビューしました。

-まず、MORIKOUGEIの創業と設立の経緯を教えてください。

祖父の森政市が1953年に創業し、19706月に有限会社MORIKOUGEIとして法人化しました。 現在は、父である森賢一が社長を務めており、私は3代目にあたります。

 

-徳島の木工芸の歴史を教えてください。

徳島は古くから木工製品の産地として知られています。

徳島が木工品の産地として有名になった理由のひとつに、16世紀に徳島の水軍である「阿波水軍」が存在していたことが挙げられます(「阿波」は徳島の旧称です)。 水軍と木工の関係を想像するのはなかなか難しいかもしれませんね。 しかし、当時の海軍には優秀な船大工がたくさんいて、彼らは実に高い木工技術を持っていたのです。 引退した船員やその子孫がそれを継承し、やがて徳島は質の高い木工品の産地として有名になっていったのです。 珍しい外国産の木材を使った仏壇や化粧台などは、徳島の名産品として全国に知られていました。 

 

-徳島の木工品の特徴は何ですか?

最も特徴的な点は、分業制であることです。 鏡台や仏壇など、ほとんどの製品は1つの工場では作られていませんでした。 基本的に徳島の木工所(工房)は、今でも3つに分かれています。 ひとつは、基本的な木枠や部品を作る「木地屋」。 "ひとつは、基本的な木枠やパーツを作る「木地屋」、天然木から切り取った「ツキ板」を貼ることに特化した「貼り屋」。 そして、その木枠や部品の塗装を担当するのが「塗装屋」です。

-事業開始のきっかけは何だったのでしょうか?

祖父が木工を始めるのは、ある意味で自然なことでした。 というのも、祖父が拠点としていたのは、徳島市の大工さんが多い地域だったからです。

森工芸といえば「杢貼り屋」ですが、祖父は主に、組み立て済みの鏡台や仏壇のツキ板を貼る仕事をしていました。 家具に動物性接着剤(膠)を塗ってから、小さなアイロンでツキ板を貼るという作業です。

 

-現在も鏡台や仏壇にツキ板を貼るお仕事をされているのですか?

残念ながらありません。 当社は1970年に「森工芸」という会社としてスタートし、1973年に大きなホットプレス機を導入しました。 当時、日本の産業界は機械化・大量生産の時代で、当社だけでなく日本のほとんどの産業がそうでした。 その後、当社の加工についてもホットプレスを使用した化粧合板加工に移行しました。

 

 

-化粧合板を使った製品の例を教えてください。

化粧合板は、主に木製品の表面や内装に使われ、当社ではテーブル、食器棚、収納などの家具によく使われています。 

-御社のホームページでツキ板の木の種類が86種類もあるのを見ました...!  木の種類の多さに驚きました。

はい、当社では様々な種類の木材を取り扱っており、それらは世界中から集められています。 年に何回かツキ板の展示会に行って、買い付けています。 また、木をスライスすることに特化した専門業者がいて、すでにスライスされた状態のツキイタを購入しています。

-では、「レイズトレイ」に黒檀、アッシュ、ホワイトシカモア、ホワイトアッシュ、ケヤキの5種類の木材を選んだ理由は何ですか?

その理由は簡単です。 『光線貼り」という貼り方をしたときに、これらの木が映えるからです。  

 

-また、藍染めのトレイもとても美しいですね。 日本の伝統色なのでしょうか?

藍色は、何百年も前の武士や大名が愛した色です。 特に "かちいろ "と呼ばれる、非常に深くて濃い藍色は、"かち "の発音が "勝ち "と同じであることから、武士の間で人気がありました。 実は、藍色は一色ではなく、淡い色から濃い色まで48種類あると言われています。 また、藍色は武士の厳しい時代に庶民が着ることを許された数少ない明るい色でもありました。

-それはとても魅力的です。 藍染を商品に採用した理由はありますか?

私の故郷に関連したものを製品に採用したいと考え、その一つが藍染でした。 私たちのトレイは、化学薬品を使わずに天然素材だけで染める「発酵建て」という自然で伝統的な染色方法で染められています。

徳島県には、何世紀にもわたって藍の栽培と染色の歴史があります。1870年代に日本を訪れたイギリスの化学者、ロバート・ウィリアム・アトキンソン(1850-1929)は、その豊かな青色に感銘を受けたと言われている。アトキンソンは「ジャパン・ブルー」という言葉を作り、世界中に知られるようになりました。それから約150年後、2020年東京オリンピック・パラリンピックの公式エンブレムに藍色が採用されました。

 

- "光線貼り "について詳しく教えてください。

続いて、私の父、2代目で現森工芸社社長の森賢一の話をします。

父は1960年代から仕事の傍ら、趣味でツキ板を使った作品を作っていました。

ある日、木目の連続性を表現するアイデアに行き詰まり、束ねたツキ板を空中に放り投げてみた。 すると、偶然にも美しい模様ができているのを発見し、それをヒントにして光線貼りのような貼り方が始まりました。

実際、父の作品は日本美術展や日本現代工芸美術展などで高い評価を受け、何度も受賞している。

森賢一氏による作品

-面白い話ですね。 光線貼りの特徴は何ですか?

このtrayを持って傾けると、光の角度によって木の色が変わります。 そうすると、このお盆の一番の特徴である、中央から光線が出ているように見えるんです。

この模様は、三角形を使ったシンプルな幾何学模様の一種なので、昔からある一般的なデザインですよね。 しかし、父はこの模様を木で「描く」ことを始めたのです。 父は、この技法やツキ板を使った表現を世界で最初に考案したのは自分だと言い張っていますよ(笑)。

それはさておき、MORIKOUGEIの「光線貼り」の工程はオリジナルで、それを製品化するためにアレンジしました。

 

-そうですね。 MORIKOUGEIの技術は脈々と受け継がれているのですね。

確かにそうですね。 私は、下請け仕事がメインの中で、どうしても自社製品を開発したいと以前から思っていました。 そこで、光線貼りの製造方法や工程を独自に開発し、「rays tray」の商品化に成功しました。 このユニークなトレイを初めて紹介した場所が、2020年のメゾン・エ・オブジェで、多くのお客様がこの商品に興味を持ってくださったことをとても嬉しく思っています。 

実は一般的な化粧合板は、機械と材料があれば生産できます。 しかし、MORIKOUGEIが培ってきた独自の技術やノウハウは他の追随を許しません。 特に、素材や天候、温度などに左右されない美しい貼り方の製造プロセスを構築したことで、類似品のないユニークなrays trayが実現しました。

 

 

-今後のビジョンをお聞かせください。

Rays Trayのプロモーションは始まったばかりですが、将来的にはRays Trayが徳島の名産品の一つとして認知されることを期待しています。

ツキ板というと、家具や木製建具の材料に過ぎず、一般的なものではありません。 しかし、このトレイを通じて、「ツキ板」が何であるかを知ってもらい、素材としての「ツキ板」や、私たちの独自性や高い技術に興味を持ってもらえれば嬉しいですね。

また、海外の方に「ツキ板の作家」と認めてもらえれば、父も嬉しいでしょうね(笑)。

補足説明

藍染めのプロセス

藍の生産者は、それぞれ独自の技術で顔料を作り、藍を染めていますが、基本的な手順は同じです。藍の葉を挽いて乾燥させた後、水をかけて約3ヶ月間発酵させる。これにより、染色のベースとなる「すくも」と呼ばれる刺激的な物質ができる。しかし、この段階の色素はまだ水溶性ではないので、さらに加工が必要です。すくもに灰汁、貝殻石灰、小麦ふすまなどを混ぜて、さらに1週間ほど温度管理をしながら発酵させます。

私たちが協力している藍染の工房では、自分たちで藍を栽培し、すくもを作り、さらに広葉樹の木灰も自分たちで作っています。

 

藍染のお盆は、藍を染める工程があるため、他のお盆よりも時間がかかります。

まず、トレイを長時間染料に浸す必要があるため、ベニヤが不安定になりやすいのです。  

そのため、染める前に水に浸して突き板の重なり具合を確認し、さらに磨きをかける必要があります。